1. トップページ
  2. SK-IIでニキビができる?好転反応の噂の真実

SK-IIでニキビができる?好転反応の噂の真実

SK-IIは国産化粧品の中でも特にいい化粧品だ。

この意見は、化粧品に詳しい人の中ではかなり言われている共通意見。それは成分の濃さで明らかに他と違うからです。

でも、口コミでは

ニキビができた

という声が結構見かけます。

奮発してSK-IIを買おうと思っていたのに、こんな口コミを見たら購入を躊躇しますよね。

では実際のところどうなのか?

これはSK-IIの良さが裏目に出ているから。逆に言うとそれだけSK-IIが本物だという証拠にもなります。

SK-II以外でもニキビ・吹き出物がでるコスメは山ほどある

SK-IIでニキビができる口コミは本当?

本当ですね。確かにSK-IIでニキビができる人はいます。

ただSK-IIに限った話ではありません。SK-II以外のスキンケア化粧品でもよくある話です。

「SK-II=最高級ブランド」ということで、こういったマイナスな話が表に出てきやすいのはあります。他のブランドだと、ニキビができても「肌に合わなかった、ポイー」だけで口コミにも出なかったりします。

人気で数が売れている、しかも高級だけにネガティブな意見は割合的に少なくても目立ってしまいがち。それだけ利用者が多い証拠でもあります。

SK-IIは濃い!だから肌に合わない人もいる

SK-II独特の原因でニキビができている可能性はないの?

あります。SK-IIはピテラ濃度が高く、水の配合量が少ない成分の塊みたいな製品です。これがメリットであり高級な理由ですが、ニキビに関してはデメリットに傾くことがあります。

基本的に水が顔についてニキビができるなんてことはないですよね?

でもそれ以外の何か。成分的なものが付着するとニキビができる可能性があります。

化粧品が肌に合わずに負けてしまう、荒れてしまうということがありますが、これは美容成分や防腐剤、界面活性剤など何かしらが肌に反応してしまうからです。

刺激が炎症となり、ニキビというか肌荒れ症状が出てしまいます。

一般的な保湿剤のBGなんて荒れるリスクがないと言われますが、これに弱い肌質の人がいます。なので何で荒れるかは分かりません。

SK-IIの場合、成分表を見る限りかなりシンプル。アレルギーリスクが高いような成分も目立たず、基本的に敏感肌向けとも言えます。

ただ、ピテラの濃度が非常に高いです。

ピテラは主にアミノ酸メインの発酵抽出成分ですが、発酵成分というのは多種多様な成分が入り乱れています。それが高濃度で入っているため、人によっては刺激となる可能性がありますし、具体的に何に反応しているのかも不明です。

幸いにも、SK-IIの場合は化粧品負けというくらいの派手な荒れ方は口コミで出てきません。だいたいはニキビ、ポツポツした小さな吹き出物レベルです。

と考えると、何か刺激的な成分でニキビができてしまっているのではなく、中身が濃すぎて肌に合っていない可能性が考えられます。

何だって過剰だとマイナスになることがありますよね?

美味しい食事だって量が多すぎると気分が悪くなりますし、薬だって飲みすぎたら副作用を起こします。SK-IIの場合、その最大のメリットがたまたま肌に合わないというケースが考えられるのです。

SK-IIに限らず好転反応なんて期待しちゃダメ!

SK-IIを使ってすぐニキビができたって人が多いけど、それって好転反応じゃないの?

化粧品を変えたら吹き出物、ニキビなど肌荒れが起きた。でもこれは好転反応だ!だから使い続けて肌が慣れるまで待つべし!!

という好転反応理論がありますが、基本的に好転反応というのは考えないほうがいいですね。

そもそも好転反応自体ありえないという説もあります。

まず、顔全体とか、ある程度まとまった広い範囲、またはひどい荒れ方をしているなら、それは好転反応を期待できません。ただの化粧品負け。肌にあっていないだけです。使い続けても悪化するだけで、最悪の場合アレルギー反応が固定されます。

ではどんなケースが好転反応と考えられるかというと、かなり微細な肌変化です。

例えば顔の片側に1~2個の小さなポツポツが出てきた、くらいです。

全般的にピンク色になるといった場合でも、程度が軽くても範囲が広いのでそれは好転反応と考えるのは危険です。

肌は常に同じ環境が続く前提で活動しています。そのため、使用する化粧品を変えるだけでも「おっとっと」と活動に支障が出ます。

いわば、見慣れない何かが肌にやってきたぞ!こいつ大丈夫か?という反応ですね。

その意味では、せいぜいポツポツ程度であまり気にならない程度の反応です。それを超えている、はっきりとニキビというか吹き出物が出ているようなら、それは肌にあっていないだけ。慣れていくということはありません。

SK-IIでニキビができなくなる可能性は十分あります

SK-IIでニキビができなくなった人もいるの?

います。こっちのほうが多いはずなのですが、そもそもニキビ目的でSK-IIを買う人がほぼいません。だからニキビが良くなったという口コミがあまり目立たちませんね。

ニキビ肌のためにはニキビ向けコスメというのが定番ですが、じゃあニキビ向けコスメって何なんだ?と考えると、別段変わったことはありません。

せいぜい、抗炎症成分強化、毛穴汚れに着目している程度でしょう。後はオイルフリーとか。

でも皮脂でベッタベタの人でもニキビができなかったり、皮脂がスカスカなのにニキビができたりします。つまりニキビ向けコスメが言っている内容と、ニキビ原因はそんなに一致しません。

SK-IIは10代が買うブランドじゃないので、若くても20代。

となると大人ニキビですが、大人ニキビは皮脂とは関係なく、毛穴が詰まるかどうかの問題。毛穴が詰まるかどうかは角質が毛穴の穴周囲に溜まるかどうか。

ということは、ターンオーバーが順調にいくかいかないかの話です。

なのでなので、

  • 最終的には肌水分量が保たれているか?
  • 肌刺激が少ないか?

この2つで大人ニキビができるかどうかがほぼ決まります。

SK-IIはピテラが濃厚。主にNMFとなる保水アミノ酸が豊富なのでなかなかの保湿力があります。

そして、SK-IIは高価なので、大人ニキビができる大人としては比較的若年層の人が、あまりフルラインで揃える人は少ないです。

フルラインで揃えない、そして高級化粧品にプチプラを一緒に使うということもあまりないため、必然的に使う品数が減ります。結果、肌に触れる回数が減って刺激も減ります。

となると、大人ニキビができなくなる肌状態が自然に作られます。

SK-IIそのものにニキビ改善作用があるわけじゃありませんが、結果的にニキビ対策になりうる採用です。

このエントリーをはてなブックマークに追加