1. トップページ
  2. SK-IIにオールインワン化粧品はない…?

SK-IIにオールインワン化粧品はない…?

ごまかしではない、本当に肌にいい基礎化粧品としてNo.1なのがSK-II。

その秘密はこちらでも紹介しているように、やはり成分内容と濃度(SK-IIの効果と匹敵するもっと安い化粧品はあるの?)。

ただ問題もあります。

価格がちょっと高い…

それでも使いだせば使い続ける人が非常に多いように、品質の良さは折り紙付き。

それでもそれでも予算が…

という人にピッタリなのがオールインワンですよね。SK-IIのオールインワンなら文句ないでしょ?手抜きじゃないでしょ?1本でもバッチリでしょ?

となりそうなのですが…

おそらく…SK-IIのオールインワンは今後も発売されない

SK-IIでオールインワンを探したけどなかった…今後も発売されないのかな?

おそらくSK-IIブランドでオールインワン化粧品は今後も発売されない…と思います。予想ですが。

というのは、現時点でいろいろ特性を持たせた商品を販売しており、オールインワンを出すとなると統制が取れなくなるからです。

オールインワン化粧品を出しているブランドは、ほぼ間違いなくオールインワン一本か、かなり少ない商品展開をしています。

オールインワン以外には洗顔と美白など、オールインワン単体では力不足と思われる分野をカバーする商品展開です。

SK-IIは細かに商品の目的を展開しており、今からオールインワンとなると他の商品との兼ね合いが難しくなると予想されます。

ただもし、若年層の人に使ってもらいたいという希望がメーカー側にあったとするなら、そういった人たちのためのオールインワン的なスタートコスメを出したりはしないかな~というのが個人的な希望ではありますね。

SK-IIを全部揃えると予算が…

やっぱり化粧水、美容液、クリームの最低3点は揃えないとダメ?

SK-IIの良さを感じるには、最低限でもその3点は使ったほうがいいのは確かです。最低でも2点ですね。1点使いだと良さが実感できないという口コミをちらほら見かけます。

ただそうなると、一度の購入金額が結構な価格になります。

予算的にオールインワン化粧品があればなあ…という人にとっては、どれか省けるなら省いていいものを知りたいでしょう。使ったほうがいいのは分かるけど、なんとか妥協できるアイテムはどれ?と。

無理やりオールインワン!クリーム単体使いでO.K.?

オールインワンの代わりならクリームかな?やっぱり。

化粧水だけだと不安が残るし、美容液だけだと量を使いすぎる…というのが現実。

やっぱりクリーム?となりますよね。

実際にオールインワンタイプはゲルか柔らかめのクリームが多いです。なのでそう考えるのは自然。

ですが、理想を言うなら美容液1本というのが、肌にとってはハズレがありません。美容液タイプはなんだかんだで万能で、エイジングケアもぬかりなく、しっかり乾燥も止めてくれます。これはSK-II以外でもそうです。

クリーム単体の場合は、クリームのテクスチャー次第です。肌質と使うタイミングによってはクリーム単体だと肌にムラなく伸ばすことが困難。クリーム本来の良さを引き出せないこともあります。クリームが硬めだと、その前に化粧水や美容液など水分があるものを使わないと伸びないんですよね。

ただ美容液にも種類がいろいろあります。化粧水に近いものから乳液に近いものまで。

もし1つだけしか使えないとするなら、乳液に近いタイプの美容液。これがベストと言えます。

幸いにしてSK-IIは美容液と乳液のカテゴリーが分かれています。ブランドは一切推奨していませんが、自己判断でもし1本だけ…となると、乳液タイプを使うのが一番いいでしょうね。乾燥もエイジングケアもこれでいけます。

SK-IIの乳液例 → R.N.A.パワー セット ラディカル ニュー エイジ

ただ、乳液をオールインワン代わりにしてしまうと、1回で使う量がどうしても増えがち。そのため、思っているより賢い使い方にならないなあ…という印象もあります。

SK-IIなら化粧水だけケアも意外と現実的かも

化粧水だけだったらやっぱりマズイ?

SK-IIならありと言えばありです。他のブランドだとほぼなしです。

なぜかというと、そもそも化粧水というのは肌にとって言うほど効果がないんです。オールインワン化粧品でも化粧水がいらないように、化粧水というのは使った人の「感覚」のためだけにあるようなものです。化粧水の有無で肌水分量も変わりませんしね。

ただそれは、一般的な化粧水がほぼ「水」だからであって、美容液やクリームのように中身が意味あるもので多く占められているなら話は別です。

その意味でSK-IIは別格。

こちらでも説明しましたが、SK-IIの要であるピテラ。これの培養液がほぼ水として配合されており、化粧水というより、ほぼ美容液のような状態です。つまり他社ブランドなら美容液を贅沢にパシャッパシャッと使う感覚。

保水性の高いピテラなので、化粧水単体でも使ったほうが肌が乾くというリスクが抑えられています。

ただやはり、化粧水単体で使うことを想定して作られていません。SK-IIの理念からは外れますし、いくらSK-IIでも化粧水単体というのはもったいないというのが事実でしょう。

もし仮に化粧水単体でいくというなら、仕上げにワセリンや何か他ブランドの保湿クリームで仕上げるのがいいでしょう。特にワセリンだけのシンプルなケアをしている人にとっては、肌への負担なくモッチリ感が上昇するのでおすすめ。

もし仮にSK-IIのオールインワンがあるとしたら…似ているのはこれ

もしSK-IIのオールインワンがあるとしたら、現時点でどのオールインワン化粧品がそれに近い?

おそらく今後もSK-IIからオールインワンが出ることはないでしょうが、もし仮にあるとしたら…と仮定します。

となると、そのライバルになりうる他ブランドのオールインワン化粧品ってある?と気になりますよね。その差が小さいなら使ってみる価値はありそうです。

その観点で言うと、唯一あります。

ライスパワーエキスNo.11を使った保湿化粧品です。

ピテラに負けない!ライスパワーエキスNo.11もスゴイ!

ライスパワーエキスNo.11って何?ピテラと同じ?

ライスパワーエキスNo.11については、こちらで詳しく説明してありますSK-IIの効果と匹敵するもっと安い化粧品は?

ここでも簡単に解説すると、SK-IIのピテラと同じ発酵抽出成分であるということ。

SK-IIのピテラは、お酒造りの杜氏の手が非常に綺麗だったことから始まっています。つまりお米の発酵。

ライスパワーエキスNo.11は名前の通りお米(国産米)から作られる成分で、開発したのも酒造メーカーです。

さらに言うと、ライスパワーエキスNo.11はただ保湿力があるのではなく、肌にとって非常に重要なセラミドを増やす作用があります。しかもこの作用は医薬部外品成分として国に認められています。つまりお墨付き。

ライスパワーエキスNo.11はオールインワンでも手抜きにならない

ライスパワーエキスNo.11はオールインワンでも効果あるの?

ライスパワーエキスNo.11配合のコスメはいくつか販売されています。

基礎化粧品タイプとしても販売されていますが、化粧水、美容液、クリームの3点が基本。そしてクリーム単体のものもあり、化粧水などが必ず必要というわけでもないのです。

肌というのは、どんなに優れたエイジングケアをしようとも、乾燥していれば無意味です。多くの化粧品が肌表面を潤すだけなのに対して、ライスパワーエキスNo.11は内側から肌水分量を改善してしまいます。

肌が自ら潤いを作る機能を高めれば、自然にエイジングケア機能も発揮します。

だからライスパワーエキスNo.11が肌に届きさえすれば、オールインワンであっても複数点使おうとも変わりません。

肌があまりにもパッサパサならライスパワーエキスNo.11化粧水+同クリームというのもいいですし、そこまでじゃないならクリーム単体でも十分作用します。

そういった間にあるのがライスパワーエキスNo.11のクリームです。

肌質を問わない使いやすいテクスチャー。十分な濃度の成分量。そしてコストパフォーマンス。

SK-IIとは違う製品ですが、コンセプトの始まりが同じ。そして医薬部外品という確かな作用もあるという大きな特徴。

SK-IIのオールインワンに関心がある人に唯一紹介できるコスメですね。

これだけ!ライスパワーエキスNo.11のオールインワン化粧品

厳密に言うとオールインワンじゃないのですが、実際にオールインワンとして使えています。

特に肌が弱い人向けに開発されているので安心感は抜群。特に目立ったエイジングケア機能などはないので、SK-IIとは性格が違うアイテムです。

ですが、肌が弱い、乾燥トラブルやキメの粗さに悩んでいるなら納得できるアイテムだと思います。肌を綺麗にするためには保湿が重要だということがよく分かると思います。

唯一の肌水分保持機能改善オールインワン
ライスビギン オールインワンエマルジョンNo.11

ライスビギン オールインワンエマルジョンNo.11の商品画像

セラミド系オールインワンの弱点である「重さ」が一切なく、SK-IIの使用感に近い仕上がり。自然で無理やり肌を覆っていないのに、使い続ければ使い続けるほど乾燥への不安が減ってきます

全くと言っていいほど素肌に何も残さないので、これをしてからメイクをすることで24時間ずっと肌水分量の保持改善ケアになります。

お試しは半額で、1ヶ月あたり1,990円。SK-IIに関心はあるけど価格的にきつい。なるべく仕上がりが似ていて予算を抑えられる似たもの…という考えの人は検討価値大ですね。

実感 上記のライスパワーエキス系とほとんど変わりません。クリームよりみずみずしく、オールインワンにありがちな化粧水が欲しくなる感じがありません。完全にこれ1つでいけますよ。
価格 初回お試しは2ヶ月分3,980円(税別) 送料無料(お試しは上部、定期購入は下部にボタンがあります。定期もWEB上で変更できるので電話いらず)

手抜きじゃない最高のワンケア
ライスパワー アトピスマイル

ライスパワー アトピスマイルの商品画像

ライスパワーエキスNo.11の始まりがこのクリームです。全てはここから始まっています。

元々はアトピー肌の人の保湿のために開発研究された成分。発売当初から大きな反響を呼び、今に至るまで非常に高いリピート率を誇る潤い改善の定番クリームです。

クリームだけだと使いにくいと想像するでしょうが、こちらのクリームは非常に伸びます。そしてべたつかないしテカリません。これは驚き。嫌な香りもなく無臭。皮脂が多い人でも不快にならず万能とも言えるテクスチャーです。

シンプルに、そして安全に配慮したスーパークリーム。クリームだけで不安なら安い化粧水とプラスするだけで一気に使いやすくなります。成分の作用があるから他のクリームとはわけが違います。

私は洗顔後、完全に水分を拭き取らずにこれを使用していました。本当にこれだけで、顔から体まで全部いけます。改善作用を強く感じるためには、ちょっと多めに塗るのがポイント。一般的な保湿クリームは塗りすぎても意味がありませんが、こちらは改善作用があるのでちょっと多めに塗ると実感が強くなりました。非常に薄く伸びて一瞬で馴染むため、使う量が少なくなりすぎる傾向があるため覚えておいてください。

実感 非常に伸びて使いやすいため薄付きしすぎます。改善作用を求めるならちょい気持ち伸ばしすぎずで。そうすると違いますよ~
価格 2,500円 送料無料 多めに使うと量は少ないかな?という気もしますが、実感の強さを考えるとSK-IIよりお得感はバッチリあります。何より肌質をほぼ選ばないメリットもありますしね
このエントリーをはてなブックマークに追加